• 1890年(明治23年)
    吉水園として創業

    吉水園の開園

    琵琶湖疏水開通の前日、豪商・西村仁兵衛らの手によって京都の街並みを見晴らす現在のホテルの所在地に遊園地“吉水園”が開業。京都の近代化とともに、その歩みは始まりました。

  • 1900年(明治33年)
    都ホテル開業

    都ホテル開業

    開業当初は客室わずか18室の小さなホテル。
    しかし、行き届いたサービスにつとめ、開業間もない頃から、アメリカ、イギリス、ドイツなど海外からも多くのお客さまをお迎えしています。

  • 1915年~(大正4年~)
    本格的な洋式宴会場

    本格的な洋式宴会場

    大正天皇御即位に際し、新しい主食堂(葵殿)が完成。以来、京都を代表する洋式宴会場としての役割を担います。1924年(大正13年)には新本館も完成し、国際ホテルとしての名声は揺るぎないものに。

  • 1966年~(昭和41年~)
    ウェスティンホテルズ
    との業務提携

    ウェスティンホテルズとの業務提携

    アメリカの3大ホテルチェーンの一つであるウェスティンホテルズと提携。これを契機に当ホテルは一段と国際性を強め、1970年(昭和45年)の日本万国博覧会期間中も、37ヵ国1州の政府賓客をお迎えしました。

  • 1985年~(昭和60年~)
    全館リニューアル

    吉水園の開園

    創業100周年記念事業として全館のリニューアルに着手。建設した新館は、50年に亘り当ホテルの建設を手がけてきた建築家・村野藤吾の最後の設計でもあります。1991年(平成3年)には第42回全国植樹祭懇親会が開催され、天皇・皇后両陛下がご臨席されました。

  • 2002年(平成14年)
    ウェスティン
    都ホテル京都に改称

    吉水園の開園

    かねてより業務提携していたウェスティンホテルズの一員となり、名称を現在のウェスティン都ホテル京都に改称。世界に通用する国際ホテルとしてのクオリティをさらに高め、歩み続けています。